あなたは、2001/ 4/6 から 人目の旅人です
今日: 昨日: [キリ番情報] 管理者用
忙しい毎日を送っています。生きていることに感謝、友人たちに感謝、、あとは少しのお金が欲しい、、なんちゃって♪
2021年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2021年03月28日

猫町万葉’21のお知らせ

企画グループ展 ギャラリー猫町
「猫町万葉'21」

さまざまな短歌をもとに27名のアーティストが表現する猫作品を、選歌とともに展示します。

私は、西行法師の世界を友禅染で表現した額2枚で参加します。コロナがなかなか収まりません、、どうぞ気をつけてお越しください。

DM葉書ご入用の方はお知らせくださいませ。トップ右下のほうに連絡フォームがあります。



Posted by kobechan at 20:16 コメント (0)
作品展

2021年03月14日

何故か西行

西行法師といえば、「願わくは花の下にて・・・」の歌が広く知られていますが、その歌が好きな私、実は今まで西行法師の人となりはほとんど知らずにいました。

そんな折、4月のギャラリー猫町での企画展「猫町万葉」に参加することになって、好きな歌を1〜3首選んで、その歌をもとにした猫作品を作ることになりました。そこで選んだ歌が後述の2首。

現在、にわか知識を得ようと、西行入門書を読みふける日々・・・・これがまた面白く・・・しばらくは夢中になる予感です♪

作品は↓の2首をもとにした友禅染額の予定。まだ構想のラフ画ですが、久しぶりに友禅染額を作りま〜す。何かを作ろうと動き出したら、コロナ禍の憂鬱から少し解放されました。完成したらまたここでお披露目しますね♪

願はくは 花の下にて春死なむ その如月の望月のころ

うちつけに また来む秋の今宵まで 月ゆゑ惜しくなる命かな

Posted by kobechan at 10:14 コメント (0)
作品展

2021年03月05日

風が通り抜ける部屋

コロナ自粛中・・・「普段やりたくても時間がなくて出来なかったことをやるべし」と、テレビで誰かが言ってた。

友禅の仕事は皆無だし、猫作品を作る意欲も減退気味の今、、、精神状態はすこぶる悪し。

それならと、長いこと取り掛かれなかった仕事部屋の整理を始めたのが2月の初め・・・そして今は3月。片付ても片付けても足のふみ場のない仕事部屋が、なんとか使えるようになりました。浅い春の風が通り抜ける部屋で、さあ仕事と思いきや、整理中に出てきた破損して処分する予定だった猫たちに胸がキュンと、、、何だか捨てきれず、それなりに修理して手元に置くことにしました。

しっぽが取れた赤土陶器猫(初期の陶芸作品)→エポキシ系接着剤で修理

首が折れてイベントから戻って来たお雛様→エポキシ系接着剤で修理、古布のリボン

本焼きで割れてしまったカフェ・オ・レ・ボウル→ポーセレンの金色で接着、金継ぎもどき(笑)

今回相当思い切っていろいろ処分したけれど、親しい人から頂いたものも捨てられず、、完璧な断捨離は10年後かしらね😅😅😅


Posted by kobechan at 22:00 コメント (0)
京都雑記帳

2021年02月17日

福岡へ〜

今週20日から、ジュンク堂書店福岡店で「第23回来る福、招き猫展」が始まります。様々なジャンルの招き猫や猫作品、グッズが全国から集合します。お近くの方、こんな時ですが是非足をお運びください。

私(小紅)は友禅染猫額をメインに、小さな陶猫やブローチ等も出展します。すみません、私の在廊はありません🥺

今までたくさんの陶器猫だるまを作ってきましたが、気ままに作ったものだから、その都度形がまちまち。彩色しないままの素焼が出てきたので、福岡用に彩色してみました。菜の花のドレスをまとっておすまし。右はしの子は、お姉さんたちと一緒で照れてる男の子みたいで好きです。

Posted by kobechan at 16:22 コメント (0)
作品展

2021年02月05日

何かが変わってゆく・・・

着物の仕事が途絶えて、この先どうしようかと考える日々、、悩んでいても仕方ない、仕事部屋の整理整頓中。掃除して運気を上げるぞ!

まずは本の処分から、、
この本も処分しようと思ったけれど、これは40年も前に友禅を始める時、郷里で小さな書店を経営していた父から贈られたもの、、捨てられず、変色してしまった外箱を外して、再び本棚へ😸😸

で、丈夫な外箱は、、あらら、マット紙やファイルの整理に使えそう。私ってどこまで貧乏性なんだー🤪🤪🤪