2016年08月29日

やっと・・・始動

マイッタナァ・・・・すっかり治ったと思っていた気管支炎がぶり返したのか、もう何週間も咳が続いています。熱はないし食欲は普通にあるし、咳が出なければ元気そのものなのに、原因はいったい何?

歌留多君に、「夫在宅ストレス症候群の症状の一つに喘息があるんだって!」と話題をふってみたら、「ええええ〜〜〜っ、俺のせいか!?」って、、、ちょっとしょげてるので、私、「冗談冗談、80%冗談だってば!」と答えました。
安心したという表情の歌留多君ですが、あれ?20%が気にならないのでしょうか(笑)

このように咳だけが長く続く原因には、気管支炎だけでなく、ダニやハウスダスト、花粉、大気汚染などによるアレルギー性鼻炎や鼻の病気とか様々な因子が考えられるそうですが、私の場合は一体何なのか解らない。ま、重篤な病でないことは調べがついているので、気長に治すしかないのでしょうね。無理しないで過ごそう!!

話はころっと変わりますが、↑は皆様ご存知の「花森安治」の画集です。「暮らしの手帖」の表紙を飾り続けたことで、作品は多くの人の記憶に残っていると思います。ここのところNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」の影響で、更に脚光を浴びていますよね。

数年前に亡くなった母も「暮らしの手帖」を愛読し、同時に「花森安治」のイラストに魅せられた戦後の女性の一人でした。我が家は田舎町で小さな書店を経営していたので、母は「暮らしの手帖」が入荷するのを毎号楽しみにしていたと思います。でも、その雑誌は一冊も家に残っていませんでした???たぶん、本を丁寧に読んで、、、販売してしまったと思われ(笑)

そんな母が近年、懐かしさから買い求めた画集が↑ 現在は、遺品を整理していた父が送ってくれて私のもとにあります。私もこの作家が大好きで、時々ページをめくっては母を偲んでいます。

母はば〜ちゃんになっても、どこか少女っぽい人でした。モノづくりが大好きで、90近くになっても精力的に短歌を詠み、人形や七宝を作り、「小物のお店開こうかなぁ」なんて夢を語っていた人でした。

それに引き換え、最近の私は、ちょっと体調を崩しては制作意欲を無くしてしまう意気地なしです(^_^;)夢を語っていた母の年になるまでは、まだ20年以上もあるのに、もう年だからなぁなんて諦めてしまったり・・・・・・

・・・・・まだまだ頑張ってみたい・・・・・

取りあえず9月はいろいろな企画展が目白押し。何となく参加表明してしまったけれど、参加を決めたからには頑張ってみよう。

9月の「にっぽん招き猫100人展」の作品は「花嫁のれん」をテーマにしてみました。まだラフ画状態ですが、一部をお見せします。可愛いい世界が大好きなのは母譲りでしょうか?北陸地方の婚礼の様子を、初々しい花嫁猫と、凛々しい花婿猫、定番旅猫君で表現してみます。私は京友禅の職人ですが、今回の「花嫁のれん」は加賀友禅で表現してみたいと思います♪

こちらは伊勢のおかげ横丁の招き猫展に向かいます。以前の作品をちょっとバージョンアップしたものや真珠を持ったビーニャスなんかを何点か作ってみます。

ううう、ちょっとやる気出てきたぞ〜〜!!ゴホゴホ!!

Posted by kobechan at 21:18 | Comments (5)

2016年08月17日

流れゆく夏(>_<)

8月16日の宵は五山の送り火とともに過ぎて、ひとまず夏に一区切り。、暑さは相変わらず続くものの、翌日からはかすかな秋の気配を探しながら、また普通の日常に戻るのでした・・・という内容のブログを書く予定だったのですが・・・・・・

今年の送り火は、いまだかつてない大雨の中で決行されました(^_^;)

私の住む団地からは如意が岳の大文字が望めるのですが、、、外は激しい雨。いつもなら画像の左のほうに空を焦がす大の字がくっきりと見えるはずなのですが、今年はかすかな灯さえ見えませんでした。

送り火は宗教的な意味合いの濃い行事ですので、雨天順延はありません。お盆でこの世に戻って来た霊が、送り火の煙とともに安らかにあの世に戻って行けるように、保存会の人達の大変な努力で実施されるのですから、、今年は本当に残念だったと思います。でも、いつもの勢いはなくとも、ちゃんと点火はしたようですので、少しは胸をなでおろしたことでしょうね。

ということで、今年は送り火の画像はありません(>_<)翌日の「京都新聞」の写真でお許しを・・・・

さぁ!そろそろだらけた生活に別れを告げ、秋の招き猫展の作品作りに取り掛からなくちゃ。

ただ・・・・大雨の中、見えない大文字に向かって立ちつくしていたせいか、今日は何となく風邪気味。あの咳喘息がぶり返しそうないやな予感がします。もしかしたら、何か作らなきゃならないというプレッシャーが発作のスイッチを押すのでしょうか・・・・取りあえず、今夜は早く寝てしまおう!!

おまけ♪  最近の猫だるまには誕生日を入れることにしました。この蓮の模様の猫だるまさんは、お盆の8月13日生まれです。いつか個展や企画展の会場で、いろんな誕生日猫の中からこの子達を探してくださいね。

Posted by kobechan at 11:24 | Comments (9)

2016年08月12日

残暑お見舞申し上げます

お盆休み・・・・故郷へ観光地へ・・・・皆様の道中の安全を、暑い京都よりお祈りしています。

そして、虹の橋から帰ってくるにゃんこたちがちゃんと飼い主さんのところに戻れますように、、、祈りを込めて「鎮魂そして再生掘廚鮑遒辰討澆泙靴拭手に持っているのは再生の種です。

友禅では間に合わないので、アクリルで友禅風に描きました(^_^;)いずれ友禅染で作りますので、どこかの展示会でご覧下さいね。

実はこれ、ダンボール紙に描いてニス塗った作品ですが、知恩寺の手作り市で購入したお気に入りの額に入れたら、案外いい感じになりま・・・・・・・・

Posted by kobechan at 14:04 | Comments (0)

2016年08月08日

気が散るオセロ

暑い日が続いています。

例年なら、この暑さの中でも電熱器に向かって友禅の仕事をしているのに、ここ2ヶ月ほど着物の仕事がパタリと来なくなって、しばらくはのんびりとした日々を楽しんでいます。生活のためにはそろそろ仕事が来ないと問題ですが、、心配してもしょうがない、、

こういう時こそ、次の作品展のストックを作っておきましょう。(^_^;)

と、、、友禅染猫額にかかるのかと思うと、、、、

今日はしばらくお休みしていた陶芸教室に行って来ました。

今日の作業は、黒化粧土を塗っておいた陶板にピンで絵付け・・・・・完成したら10月に比叡平にあるギャラリーで催される「れぶん工房の時計展」に出展します。

絵付け後時間が余ったので、たたらでのばした半磁の土をクッキー型で丸く型抜きして、黒化粧土を塗ってきました。この丸いもの、最初は平凡にブローチがバッグチャームにしようかと思ったのですが、ポンポン型を抜いているうちに遊び心がムクムクと頭をもたげて来ました。

この丸いもの、64個(割れる心配があるので、70個位)作って、黒化粧した面には猫の柄をピンで描きます!!裏側の白い面にはやはり猫の柄を呉須で描きます!!

そしてオセロの駒にします(^_^;) 来年の猫町に持ち込んで、お客様に使っていただこうかなと、、、

ただし、すべての面に猫が現れるので、ひどく気が散るオセロゲームをしなくてはなりません。

とかなんとか言って、はたして70×黒白の猫を描ききれるかどうか、飽きっぽい私ですからね〜〜〜

Posted by kobechan at 00:38 | Comments (0)

2016年08月04日

植物園に行こう!

36 36 36 35 34 34 35  何の数字かというと・・・・・

明日から1週間の京都最高気温予測です(´Д` ) 本当に京都は暑い!いっそ日本1になってしまえなんて自虐的な気分になるも、ちょっとの差で2位3位に甘んじるのが京都の夏。(2位ではだめなんですか?・・・・って、どこかで聞いたセリフ)

そんな中、歌留多と私は少しでも涼しさを味わおうと、夏季早朝開園中の「京都市立植物園」に行って来ました。通常は9時開園ですが、この時期は下記のとおりで、

7月16日(土曜日)から7月28日(木曜日) 午前7時30分開園
7月29日(金曜日)から8月2日(火曜日)  午前7時開園
8月3日(水曜日)から8月14日(日曜日)  午前7時30分開園

私たちが行った8月2日は朝顔展最終日でもあり、特別に早い時間の開園でした。

南の正門で、まずは年間パスポートを購入してと・・・実は、以前は60歳から無料になっていて、私たちも60歳になった際に、喜んで無料パスポートを発行してもらったのですが、その後1度しか使わないうちに70歳に引き上げられてしまいました。今回そんな訳で、70歳まではちょっと間がある私たちは、まだ若いんだなぁと嬉しいような残念なような気持ちで・・・・入園しました。(たった1000円の話です・・・セコイかな♪)

ほぼ一番乗りなので、、、南門から入った広場には誰もいない。

90年の歴史のあるクスノキ並木にも人影が無い。

おっ!うなだれたおっちゃんと、ふんぞりかえったおばちゃんがいた(・∀・)

左 折しも、温室では「バオバブ」が開花していましたよ、ラッキー!
右 何となく宇宙人のような「アストロキア・・・ナンダッタッケ」も開花中。

蓮とヘチマ  私はやっぱりこういう日本的な植物が好きかも・・・・

2時間ほどの散策を終えて北門に着く頃には、すでに30度超えた夏の日差しが痛いほど・・・・・・植物園を出て、北山通りを東に歩きながら帰路についた私達、「次回の年間パスポート使用は秋頃になるかもね」とつぶやいていました。

と、地味な京都暮らしのひとコマでした。


Posted by kobechan at 08:40 | Comments (4)