2011年10月23日

森の市

ここ数年体調を崩して療養中だった友人から「リハビリを兼ねて糺市に出店します」というメールがありました。そこで、少し元気を取り戻した様子の友人に久しぶりに会えると、うれしい気分で行ってきました・・・会場は私の住まいから歩いて10分くらいの下鴨神社の糺の森・・・

糺の森は紅葉にはまだまだ早い緑の木々に覆われて、広い参道には150軒のお店がゆったりと並んでいました。テントを使う店が少ないために気楽にお店の人と話ができるし、開放的な陳列で品物が見やすくて買い物がしやすい気がします。

この糺市は年に2回、春と秋に開催されますが、手作りの品に限るという知恩寺の市とは趣が違い、家庭で不用になったものを並べるフリマ感覚のお店が多かったようです。

そんな中友人は、自ら草木染した毛糸を使用した手編みのセーターやマフラーを出展していました。とっても手の込んだ素敵な作品ですが、フリマの雰囲気に押されて安い値段で販売していたのが切ない・・・・といいつつ、ミント染の干し草色のマフラーを安く譲ってもらいました(笑)右の画像は、残り少なくなった友人の編み物作品です。

友人と会うのは本当に久しぶりだったので、接客の合間にいろいろ話しをしながらとうとう閉店までお邪魔してしまいました。あ〜〜久しぶりの青空市、、、知恩寺の手作り市に出店していた頃の楽しい思い出や場所取りの苦労が蘇ってきました。ほんの数年前のことなのに、もうずっと昔のことのよう。

そうそう、帰り際、もうタダでいいから持って帰ってというお店で渋い茶色のサマースーツをいただきました♪スーツを着るような機会はほとんど無いのに・・・タダという言葉に弱いのね私(笑)そ、そうだ!近い将来敬老会に着ていけるぞ!だ、誰がやねん!!まだまだだぞ!!

コメント欄復活してます。スパムがやってきたら閉じますが、、たぶんしばらくは大丈夫です。
Posted by kobechan at 22:40 | Comments (4)

2011年10月17日

楽しい陶芸(暴走編)

今日は10月3回目の「陶芸教室@れぶん工房」の日・・・


今日の作業は、前回作っておいた土鍋の蓋の削りです♪今度こそ渋い味のある作品を・・・と思っていましたが、やっぱりこんなんができました(笑)11月の教室で釉薬をかけて本焼きをしていただいたら、冬の食卓で活躍してしてもらいます♪ぶ、、無事に焼成出来ればですが(笑)上から撮影したので頭でっかちに見えますが、底も結構大きくて具材たっぶりの鍋料理が出来そうです♪料理が沸騰すると鼻の穴から勢いよく湯気が出ます♪

「大胆にも作品をブログにアップしていますが、何年も経ってブログを見るようなことがあった時、なんて稚拙な作品を発表していたことかって恥ずかしくなるのでしょうね・・・」と先生に話したら、先生曰く「初期の作品は技術的には荒削りでも、後でもう一回作ろうと思っても絶対作れない不思議な魅力があります。」ですって。

では、安心して制作道を暴走いたします〜〜


Posted by kobechan at 23:19 | Comments (4)

2011年10月16日

手毬しゃんの七回忌

早いもので、手毬が虹の橋にお引越しして6年が経ちました。

先日壊れてしまったパソコンに入れておいた手毬の写真は、バックアップしておかなかった私のミスで全部無くなってしまい、現在見られるのは過去のブログにアップした数枚だけになってしまいました。ああ、ブログに残しておいて本当に良かった。治療といはいえつらい思いをさせてしまった最後の数か月を思うと、6年が経った今でも心が痛みます。

そんな日々ですが、時々取り出して読んでいる「手毬からの手紙」に心が癒されています。手毬が亡くなってすぐ届いたこの手紙、その当時はどなたが送ってくださったのかと消印や文体からいろいろ推理したのですが、日が経つにつれて詮索するのをやめました。きっとこれは実際に手毬が書いたものなのですよね〜〜♪そう思うと、楽しかったこともいっぱい浮かんでくるようになります。
今はただ、手毬から預かった封筒を「神奈川県のある町」のポストに投函してくださった優しい人に感謝しています。

七回忌に合わせるように、陶芸教室で作ったの猫地蔵@蓮の葉が焼き上がりました。青磁釉をかけた蓮の葉は薄い青になるのかと思っていましたが、それは還元焼成の場合で、今回のように酸化焼成だと少し黄味を帯びた白になりました。猫地蔵は信楽の白い土に透明釉薬をかけましたが、ぼってりとかけたのでところどころ剥がれています(涙)成形の時、教室で一緒のAさんが赤土を使っていたので、少し分けてもらってドレスに使いました。

Posted by kobechan at 00:25 | Comments (8)

2011年10月13日

ダイエットは無理・・・

10月12日 歌留多の故郷の北海道からジャガイモの詰め合わせ、私の故郷の栃木からは新米のコシヒカリが届きました〜〜!!

札幌の義妹が送ってくれたのは北海道初山別村「一光男爵の七色いも」で、箱には6種類のジャガイモがぎっしり詰まっています。それぞれ、とうや・インカのめざめ・シャドークイーン・レッドアンデス・ホッカイコガネ・マチルダという品種です。男爵とメークインしか食べたことがない私・・・最初にじゃがバターでいただいたインカのめざめの、栗のようにほくほくとしおいしさに感動しました!

画像右、今夜の夕食は「マチルダとおあげさんと九条ネギのたいたん」・・・おほほ、京都風に表現してみました。こちらはねばりとホクホク感の調和がとれてて、煮物にぴったりでした・・・な〜〜んて、料理評論家みたいなこと言ってますが、要は簡単な料理2種でした(笑)明日は何を作ろうかなぁ〜♪

そして、つやつやのご飯は故郷のネット友が作ったコシヒカリで、昨年に続いてオンラインショップで購入しました。このお米、粘りと甘みと香りともちもち感が絶妙で本当においしいお米です♪食いしん坊さんは是非、HPを覗いてみてくださいなこちら

この友人、東日本大震災が発生した数日後に、生産したお米の200圓鬟船礇螢謄M僂鉾稜笋靴董∩瓩も3月18日には、売り上げの全額を義捐金として日本赤十字社に送ったおとこ気のある人物なのです。余談ですが、震災では自宅の瓦屋根も相当崩れ落ちて、それはいまだに修理できてないんですって・・・あ、だからお米買ってあげてくださいと言ってるわけではないですから(笑)・・・言ってるかな♪よろしく♪

ということで、今年の秋はダイエットは無理のようです。

 楽しい陶芸(お尻削り編)

12日は陶芸教室の日 この日の作業は前回成形しておいた土鍋の底の部分の削りと蓋の成形です。

まだ少し柔らかさの残る土鍋をひっくり返して、全体の厚さが一定になるように丁寧に削ってゆきます。画像はありませんが、この後手びねりで蓋を作り、この日の作業はは終了。

蓋と底がきちんと合いますように〜

右 陶芸教室の生徒たちの作品が窯に入れられ、これから本焼きです。私の作品も・・・右奥に並んでます♪

Posted by kobechan at 22:41 | Comments (12)

2011年10月10日

嬉し悲し植物園フリーパス券

十年くらい前だったか栃木の両親が京都にやってきた際、写真を撮るのが好きな父のために京都府立植物園に案内したことがあります。入り口で入場券を買おうとした父母に係員が「失礼ながら、お見受けしたところ60歳を越えていらっしゃるかと・・・もしそうでしたら入園料は無料なのですが・・・」と声をかけてくれました。父母はその時点で70歳後半、どう見ても60歳は越えている風貌だったので、素直に係員の心配りを喜んだのですが・・・・さて、連休最後の秋晴れの日、久しぶりに植物園を訪れた歌留多と私は、、そんな言葉をかけられるとちょっとショックなので(笑)、運転免許証と健康保険証を提示して自己申告!

とうとう、嬉しいような悲しいような気持ちで・・・「植物園無料入園券」をいただいてしまいました〜〜

キャッシュカード位の厚みのあるカードを貰えるのかと思いきや、経費節約なのか薄い紙にナンバリングが打ってあるもので、、、名前や住所は手書き、、、ちょっと残念。

10月とは思えない暑い日でしたが森の中は涼しい風が渡り、野外彫刻がそこかしこに展示されていて楽しく散策してきました。

画像左 フランス庭園の大噴水
画像右 遠くに比叡山が見えるバラ園

大温室前の池には見事な鬼バス?

大好きな毒草園、、違った、薬草園はリニューアル工事中で見られなくて残念。

植物園を後に北大路橋から鴨川・北山を望む・・・・少しずつ秋が深まってゆきます。
北山も賀茂街道も、あと一か月半くらいで見事な紅葉を見せてくれるでしょう。

ということで、地味な連休でした。

Posted by kobechan at 23:22 | Comments (6)

2011年10月05日

楽しい陶芸(冬支度編)

夏から初秋にかけての作品展が終了して、おだやかな気持ちで本格的な秋を迎えています。

今日は10月1回目の陶芸教室の日・・・・

ちょっと大物に挑戦

来たるべき冬に備えて・・・(食い気の冬に備えてですが)、土鍋を作ることにしました。今日の作業は、まずは耐熱土をこねて手びねりで土鍋の底の部分を作ること・・・最後につけた取っ手はもちろん猫の手です♪う〜〜ん、なんとなくうまくいった感じですが、問題は来週作る蓋の部分が底ときちんと合うかどうかですね〜〜〜(笑)

↑は前回作ったビールジョッキというか焼酎グラスというか湯呑というか、10月生まれの歌留多への誕生祝に作ったものです。「ボクオサケキライ」とつぶやく猫の柄ですが・・・裏側はやっぱり「サケダサケモッテコイ」の歌留多猫だ〜〜!!白い部分は青磁釉がかかっているので、本焼きすると透明感のある薄い青緑になります。貧乏友禅職人の私なので、プレゼントはこれだけです・・・歌留多の本当に欲しいものは・・・あれだな!モフモフした冬向きのあれだにゃ。

Posted by kobechan at 22:51 | Comments (5)

2011年10月03日

瀬戸へ

9月25日、「来る福招き猫まつり」で賑わう瀬戸市に行ってまいりました。

「平成の招き猫100人展」に出展するようになって4年、毎年の瀬戸行きは我が家の「恒例秋の小さな旅」になりました♪来年もなにとぞ・・・

京都からJR快速電車や名鉄を乗り継いでついたところが尾張瀬戸・・・・猫メイク&猫耳の子供たちが祭りを盛り上げています

街の至る所で招き猫に関したいろんなイベントが繰り広げられていますが、私たちがまず向かったのは瀬戸蔵・・・「平成の招き猫100人展」では、投票用紙片手に日本全国の様々なジャンルの創作招き猫を鑑賞し、同じ会場の「東日本大震災チャリティー招き猫展」へ・・・(いずれも撮影禁止のため画像はありません。)・・・チャリティー招き猫展に出展した私の作品だけ会場にぽつんと残って・・いる・・・夢を見たのですが、実際に会場に足を運ぶと全作品が展示してありました(笑)いわゆるオークション形式でした。

100人展初参加の梨香ちゃんご夫婦と瀬戸蔵一階のレストランで食事。左の画像は祭り限定の「福々ランチ」です。漫画家ますむらひろし作の「陶製招き猫弁当箱」は持ち帰れるので、梨香ちゃん興奮!
街を走る車も猫化粧?なんと、ナンバーは929・・・9月29日「来る福の日」から取ったのでしょうか?

食事を済ませて次に向かったのは、少し離れたところにある「文化センター」です。・・・各会場を無料バスが巡回していましたが、久しぶりに会った私たちは近況報告をしながら、祭りの喧騒が遠く聞こえる路地をゆっくり歩いてゆきました。文化センターでは100人展出展作家による作品が購入できる「アートマーケット」を覗きました・・・・梨香ちゃんのガラス工芸作品と私の友禅猫額・粘土猫が仲良く並んで展示されてました♪

画像はアートマーケットに出展した小さな友禅額の一部です。今回の「招き猫展まつり」のテーマが「東日本大震災復興支援」ということから、「再生」「賜物」「祈り」「絆」(画像左から)を表現した作品を出展してみました。

粘土細工の小さなマトリョーシカは全部旅立ってゆきました♪

そして、文化センターを後に招き猫ミュージアムの黍さんの個展「おらしおん」へ・・・・実は再会を喜び合ってきゃ〜きゃ〜はしゃいでいて、写真を撮るのを忘れてしまいました・・・楽しみにしていた皆様ごめんなさい。すばらしい人形が勢ぞろい・・・圧巻だったのに・・・・

ほかの催し物や瀬戸の街並みもゆっくり見て回りたいという梨香ちゃんご夫婦と別れ、私たちは早めに名古屋に戻り、「ノリタケの森」へ・・・毎年ここでコーヒーカップを購入して帰るのが歌留多の楽しみなのです。いつかはオールドノリタケの高価なカップが買えますようにと思いながら、今回もまたアウトレットのお手軽コーヒーカップを2客購入して、私たちの小さな旅は終わりました。

このノリタケの森・・・来年で閉鎖という話も・・・・(涙)


Posted by kobechan at 12:23 | Comments (4)