2004年04月28日

ああ5月・・・・


昨日とうって変わって、爽やかな風の午後・・・・頭を垂れていたバニーテールが元気に揺れています。こんなかわいい植物が野原一面に揺れていたら。。。。どんなに感動するでしょうね!

ああ皐月仏蘭西の野は火の色す
       君も(こくりこ)われも雛罌粟

与謝野晶子が鉄幹を追って渡仏した時、フランスの野は一面にひなげしがゆれていたそうな・・・情熱の赤い花が晶子らしい。初めてこの歌に触れた時、雛罌粟というかわいい響きに興味を覚えて検索したら、ひなげしのことでした。暖かい日差しの中でこっくり、こっくりにも掛けたのかな?

ああ五月富良野の野は・・・・実際行かないことには後の言葉が出ないよ〜〜GWは仕事です・・・・・・・
(T_T)(T_T)(T_T)

Posted by kobechan at 13:33 | Comments (3)

2004年04月27日

激しい雨


京都は激しい雨が降っています。昼のニュースでは、和歌山の強風の様子が放映されていて、老夫婦のうち男性のほうが風で飛ばされそうによろよろしているのに、女性のほうはどっしりと不動状態というのがちょっと笑えました。我が家もそうなるかしら??これから京都も雨に加えて強風・雷の気象状態になるらしいです。

ベランダでは、昨日まで薫風に揺れていたバニーテールが、重い雫で頭を垂れていました。

Posted by kobechan at 12:39 | Comments (0)

2004年04月22日

白い虚塔・・・??


修学旅行で京都にやってきた姪に会いに、京都駅の近くのホテルに行って来ました。12階建ての京阪京都ホテルです。修学旅行でも、最近は立派なホテルに泊まるんですね〜!
私の修学旅行の思い出といえば、ボロ旅館で広い和室に布団をずらりと並べて、恒例枕投げ&夜遅くまでいろんなことを語り合ったこと・・・姪達は二人一部屋だということで、あの醍醐味は味わえないのかと思いきや、別れ際お土産に渡したお菓子を、集会所になっている部屋にいるお友達にあげるんだと、楽しそうにエレベーターに消えていきました。姪はまだ14歳、いっぱい楽しいことを経験して欲しい。辛いこともあるだろうけど、人生には楽しいこともいっぱいあるということを知ったら、乗り越えられる・・・・と、しっかり伯母さんしてきました。

画像は、駅ビルに映る京都タワーです。さしずめ白い虚塔??

Posted by kobechan at 00:27 | Comments (2)

2004年04月19日

新緑の候


昨日は、京都市最高気温29度を記録しました。桜もすっかり終わってしまって、今は新緑が美しい季節です。
近所の下鴨神社の参道を抜けて、出町の「タネ源」に花の苗を買いに出かけました。数ある花の中から選んだのは、小さな青い花をいっぱいつける「ロベリア」・・・可憐な花が好きだから・・なんてことではなくて、単に安いからであります。(^^ゞ家に戻ると友達から誕生祝に「デンドロビューム」が届きました。こちらはロベリアと対照的にご。。。豪華!!\(◎o◎)/!今日は仕事も休み、薄曇で日焼けの心配もないし、ベランダの花の植え替えでもして過ごします。(わ〜い、優雅な主婦みたい。)

Posted by kobechan at 10:27 | Comments (3)

2004年04月12日

京都御所一般公開


京都のソメイヨシノはほとんど散ってしまいました。御所の枝垂れ桜なら今が見頃ではということで出かけてみました。花見客の混雑は覚悟の上でしたが、それにしても想像を上回る数の観光バス、人、、ちょっと異常です。
ああ、そうか〜、この季節(秋も)御所の内部の一般公開がされるのです!!今日は最終日、その見物客の混雑だったのです。
ということで私も30年ぶりに御所に入りました。30年前はパンフレット売りのアルバイトで入ったのですが、その時観光客として入場してきた高校時代の友達と出会い、宿をキャンセルさせて私のボロ下宿に招いて、夜通し話をした思い出があります。

Posted by kobechan at 00:12 | Comments (0)

2004年04月08日

哲学の道


夕闇の哲学の道を散策してきました。疎水にそって見事な桜のトンネル、近くには銀閣寺を始めとして多くの名所が点在して、昼はさぞかし人が多いことでしょう。さすがにこの時間は人影もまばら、、現とは思えない、ちょっと怪しげな美しさの疎水を満喫してきました。
画像は銀閣寺から哲学の道を少し入った「弥勒院」あたりです。何年か前、家族のことですがる気持ちで願い事をしたことがあります。翌年の桜の頃、「何にも聞いてくれなかったね!」と恨み言を言って通り過ぎたことも・・・・そして今夜は、悲しみは癒えずとも、少し穏やかな気持ちで通り過ぎ・・・・時の流れを感じました。

Posted by kobechan at 00:37 | Comments (2)

2004年04月03日

夜桜


高野川の桜並木は、夜になるとこんな雰囲気をかもし出します。川端通りを行く車とスーパーの明かりに照らされて少し幽玄の世界!かがり火に浮かぶ円山公園の枝垂桜ほどの迫力は無いにしろ、見物客も少なく、穴場ですよ。

Posted by kobechan at 23:58 | Comments (4)

2004年04月01日

季節はめぐり


近所の高野川堤防の桜が五分咲きになりました。出町柳から修学院あたりまで見事な桜並木が続いています。この時期京都にお越しの方は、川沿いに走る京都バスに乗って大原にいらっしゃってみては?

時折吹く強い風に、まだ五分咲きの桜なのにハラハラと散っていました。散り際の潔さが「お国のために潔く見事散って欲しい」なんていう思想にねじまげられて美化されて、若い純粋な青年達を死に追いやった時代もあったんだ・・・・桜は季節が巡ってくればまた美しく咲くけれど、命は・・・明るい春の光の中でふと考えてしまいました。

Posted by kobechan at 00:32 | Comments (0)